人の役に立つお仕事をしたいなら治験のバイトをしてみませんか?

自由に働ける

趣味などでプライベートを大切にしたいなら、短期間・短時間のアルバイトで働くという選択肢があります。また、安定した収入を得たいなら社員になるという方法もあります。これから働くという方はそれぞれの利点をリサーチしておくと良いでしょう。

3タイプの働き方がある!雇用形態をチェック

バイト

バイトと聞くと、学生さんがほとんどなイメージを持つでしょう。しかし、学生だけでなく企業によっては社会人を対象にフルタイム以外の働き方をするときにも、バイトとして採用することもあるのです。

派遣

派遣は3カ月単位で契約を更新したり、解除したりすることができるようになっています。ですので、できるだけ良い条件で働きたいという方にいいかもしれません。最近では介護福祉士でも派遣で働くことが可能です。

正社員

正社員になれば、決められた休み以外は毎日出社をするのが当たり前になり、時には残業を強いられることもあるでしょう。しかし、安定した給与を得ることができますし、夏と冬にボーナスをもらうことも可能となっています。

人の役に立つお仕事をしたいなら治験のバイトをしてみませんか?

ウーマン

治験バイトをするための条件

いろんな雇用形態がある中で、アルバイトは気軽に始められるお仕事の場合が多いです。その中で、少し変わった治験バイトがあります。治験のバイトをすることができる人は限られており、健康診断をしても異常がない方が対象なこともあります。しかし、治験の内容によってはある症状を持っている人を対象にしていることもあるため、しっかりと内容を把握してから応募すると良いでしょう。

治験バイトをする上での注意点

いくら安全に作られているとはいえ、薬を服用するのですから副作用が出るのは当然です。それをきちんと理解してから治験をすると良いでしょう。それが飲めないという場合は、他のバイトをするのが賢明です。

報酬はどうなっているのか

治験の報酬は日払いとなっているところがほとんどとなっています。だいたい1万円から1万5千円をもらうことができるので、一日である程度稼ぎたいのならこうったアルバイトを検討してみるのも良いでしょう。

交通費や診察費

治験をするためにはそれぞれのクリニックに出向かなくてはなりません。クリニックに行くための交通費やクリニックで診察をするための診察費を実費で支払わなければならない場合もあるので、注意すると良いでしょう。

実際に治験バイトした方の意見

最寄りの病院であった

交通費が実費ということでしがが、自宅から近いクリニックのバイトを選んだので、マイナスにはなりませんでした。ですので、また機会があれば働いてみようと思います。

健康診断も受けられた

私の会社では健康診断を実施していないので、毎回自分で病院に行かなければなりませんでした。治験なら実験をする前に健康診断をするので、一石二鳥と感じました。

当日に受け取れた

僕は銀行口座を持っていなかったので、できれば手渡しで給料をもらえるところを探していました。その日のうちに現金でもらうことができるので、治験をして良かったです。このバイトは、人の役にも立つことができますしね。